相続の相談は弁護士に依頼を

###Site Name###

相続税は資産家以外には関係ないものと認識している人は非常に多くいました。


しかし27年度の改正により、一般家庭であっても相続税が課せられる可能性が高くなり、節税対策を行うことはもはや他人事ではなくなりました。
しかし税法は非常に複雑で、誤った対策を行ってしまうと納める税金が増えてしまったり、場合によっては脱税などと指摘され、重加算税の対象とされることも少なくありません。

そのような事態を避けるた目に相談したいのが弁護士です。

ロケットニュース24情報を豊富に提供しています。

実はあまり知られていませんが、法のスペシャリストである弁護士は、法に基づいて税に関する申告などを行うことができます。

あなたに合った条件の相続に強い弁護士の情報が更新されています。

そのため税務上の観点からだけでなく、法律面からも対策を行ったり相談にのることができるため、結果として税理士に依頼するよりも効率よく行える場合があります。



また遺言書の作成や証人としての立会なども行っているため、節税対策に基づいて今後の対応をすることも可能です。


更に自身や家族が認知症などを患った際に、後見人となって今後の生活の手助けを行ってくれることもあります。

ただし弁護士は税務申告などを行うためには税理士登録などが必要となるため、中には税務関係の仕事を受け付けていない弁護士も存在します。

また継続的な顧問契約を結ぶことで、いつでも気軽に相談などが行える反面、毎月顧問料を支払う必要があることについて留意しておかねばなりません。

相続に関する悩みを抱えた時は、一度弁護士に相談するのも一つの手です。