相続で困ったときは弁護士に相談しよう

###Site Name###

相続で揉めており話し合いに決着がつかないという事態は珍しいことではありません。
被相続人は遺言書を書いておくとある程度死後の争いを避けることができます。

遺言書は自分で作成することも可能です。

コストもかかりませんし、訂正したい時は何度も訂正することが可能です。

ただ、遺言書は定められた形式を守っていないと無効になってしまいます。

livedoorニュース選びであなたの手助けをします。

例えば日付を書かなければなりませんが正確な日付を記入するようにしましょう。

相続に強い弁護士情報選びをお手伝いするサイトです。

吉日などと記入すると遺言書全体が無効になります。

また、訂正するときは棒線を引いて訂正し、その箇所に認印を押しましょう。修正液などを使って修正してはいけません。
自分で遺言書を書いて失敗したら困ると考える人は公正証書を作成するもの良いかもしれません。公正証書は公証役場で作成しています。


コストはかかりますが、公正証書は高い効力を持ちます。
ほとんどの場合は裁判で争ってもその効力を覆すことができません。

遺言書の作成をしても不安な場合は、死後の遺言書の執行を弁護士に依頼することが考えられます。
第三者である弁護士が遺言書に則って遺産の分割などを指示すれば、相続人間で感情的に揉めることを防止できるかもしれません。


相続人の側でも相続で揉めた時は弁護士に依頼すると便利です。



遺言書がないか、あってもその効力が疑わしく話し合いでの解決は難しいという場合は家裁の調停や裁判の場で決着をつける必要が出てきます。

法律の知識が必要となりますから、専門家である弁護士の助力を仰いだほうが無難です。